大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽雑記 カテゴリー

一覧へ戻る

譜面台
2012.09.01
カテゴリー:音楽雑記

 毎週土曜日、朝10時から泉大津北公民館でアルハンブラギタークラブの練習がある。練習時の譜面台は館の備品を使うことができるが、最近の譜面台は傷みが激しい。

 大抵折りたたみ式のものを使っているので、まずはネジの部分が痛む。足が開かず倒れそうになったり、楽譜を置く部分の留め金が利かなくなるなど、まともに使えるのが少ない。最近はネジが大きくなったので、さぞしっかり止まるだろうと思いきや、真逆でどれもこれも締まりが悪い。

 確かに公共の備品は傷みが激しいが、昔はこれほど痛まなかった。最初に痛むのは昔からネジ部分で、ネジが痛めばたいてい寿命となるが、私が教室で使っているのなど、何十年たってもまだ十分使える。

 最近アルミの軽量型譜面台があり、持ち歩くとき楽器、譜面台、足台と重量がかさむので、安価なアルミ製譜面台を見つけ購入した。普段は使わないので気づかなかったが、先日の本番で演奏中、楽譜が徐々に下がり、角度も安定しないので、ネジを締め直したが、新品なのに何度閉めても締まらず、爪を傷めそうで諦めた。高くても日本製のを購入しなかったことをいま後悔している。

 NHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」を見ていると、梅ちゃん先生のご主人がネジ一つにも誇りを持ち命をかける、それほど町工場の技術は優秀だった。現在そんな町工場は廃業を余儀なくされ、日本のこのようなすばらしい技術は廃れてしまうのだろうか?

「安物買いの銭(ぜに)失い」と子供の頃祖母がよく言っていた。英語の格言では「安い買い物は高くつく」だそうだ。

RIMG22013.jpg
 私の譜面台は高さも角度も思いどおりにならなかった。普段から観客のことを考え、譜面台はやや低めに!と心がけているが、照明との関係もあり、あと何センチかが微妙で見にくかったりする。毎日使わないが肝心要で用をなさないなら、買い換えるしか仕方ない(^^;) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ