大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

日記 カテゴリー

一覧へ戻る

女性はパニックに弱い?
2007.12.28
カテゴリー:日記

 教室の手抜き掃除をすませ、早い目に帰路に就いた。雨はかなり降っていた。右折する交差点に、高速道路出口があり、側道からきた車と合流する。注意しながら右折ラインに入った。

 大きな交差点で右折ラインは2車線、対向車は赤の時差信号で、いつもそうだが、私は外側のラインに入った。前に車はなく、内側車線には1台あり、曲がるときは、私の方が頭一つ先頭になっていたと思う。

 外側ラインなので、いつもどおり大きく曲がったつもりだが、曲がりきった辺りで、ガ~ンと隣の車がぶつかってきた。瞬間、こんなところで何故ぶつかる?と面食らった。

 脇に寄せ、車から降り雨に濡れながら「怪我はありませんか?」と聞いた。大丈夫とは言ったが、私を気遣ってくれることなく、どうして寄ってきた!と詰られた。

 数年前のお盆の高速道路、西名阪線の分岐点にさしかかり、びっしり詰まって殆ど動かないその車線から、スキスキ状態の私の本線に、急に飛び出した車があった。急ブレーキをかけたが間に合わなかった。

 高速道路の事故ははじめて、やはり脇に寄せ「怪我は?」と聞いた。最初の言葉はウインカーが見えなかったのか?!だった。今回の運転者と年齢の違いは大きくあるが、どちらも女性だった。

 今、テレビで映画「ポセイドンアドベンチャー」をやっている。パニクると殆どの女性はヒステリックになる。事故の場合、咄嗟に相手が悪いと決めつける。高速道路でのその事故は100%向こうに責任があると私は思ったが、私の車が停止していればそうだが、動いていたから、3割はこちらにも非があると、保険では査定された。

 今回大きな事故には至らなかったが、お互いのサイドミラーは、私のは向こう向きに、相手のは手前に倒れた。事故処理で来た警官は、良い悪いは別にして、手前に倒れた方が、スピードが出ていたってことだと説明してくれた。保険会社の認定は新年にならないと判らない。

 手抜き掃除をしたから、掃除の神様にお灸をすえられたか?今年最後の災難だった。

RIMG10965.jpg
白浜にある自殺で有名な三段壁。死に至るような事故にならなくて良かった!

2 thoughts on “女性はパニックに弱い?”


  1. アルカモネさま おっしゃるとおりですね。怪我もなく、お正月でもなかったし。
    もし怪我をしていたら、お正月どころではありませんものね 三段壁、凄いですね!実際に真上に立ったら多分足が竦むでしょうね

  2. 事故は気が重いですね。
    でも互いに怪我がなくて、
    それに新年でなくてよかったということにしましょう。 小学校の修学旅行で三段壁に行ったような…..
    今、見ると、けっこうすごい絶壁ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ