大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽&教育 カテゴリー

一覧へ戻る

子供のネットサーフィン
2007.07.06
カテゴリー:音楽&教育

 何ヶ月か前からレッスンに訪れている小学校の先生がある。まだ若い男性でギターを弾いて子供たちとみんなで歌いたいという。はじめはリズムパターンの基礎をいくつか練習して、何曲か仕上げた。

 反応はとても良いそうだ。クラシックの練習のように、はじめから終わりまで丁寧に完璧に練習することはしないが、と言うよりそうするべきとは思うが、でもそれではいつになったら実用化出来るか判らないので、ご本人の希望もあり繰り返しなどは省き、一番の歌詞が歌えればOKということにしてきた。

 その先生はネットサーフィンをする子供たちを嘆いている。パソコンは便利だが、ネットにはまってしまうと、長時間にわたり人とのコミュニケーションのないまま無駄な時間を費やしてしまう。ネットで疑問点を調べても、頭の中に整理ができている訳ではない。

 今の子供はプリンターをかけるだけで、本人は十分調べた気分でいる。実際に辞書や参考書で調べなければ実力は身に付かない。情報が簡単に得られるから夢が持てなくなる。未知の世界だから夢がふくらむのであって、安易に使いこなしてはならないと思うという話を聞いた。

 なるほど、我々のように紙に記録して勉強してきた者は、PCほど便利なものはないと思う。でもそれは、コツコツ基礎を学ぶ古い時代に生き、だんだん辞書の文字が見にくくなり、PCはなんと便利なのだろうと思った時に言えることで、これから基礎学力を養わなければならない子供たちが、辞書も引かず、紙に書き込まず、参考書をみて自ら調べることもしないのでは、本末転倒なのかも知れない。

 パソコンをするにも親とのコミュニケーションは欠かせない家庭の問題なのだと思えてきた。

RIMG10103.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ