大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽&教育 カテゴリー

一覧へ戻る

6月6日は楽器の日
2006.06.06
カテゴリー:音楽&教育

昔から習い事は6歳の6月6日から始めると上達するいう言い伝えがある。全国楽器協会がそれににちなんで1965年(昭和40)に楽器の日と制定したらしい。

 

昔の6歳と言うのは数え年だから、実際には4歳か5歳だと考えられる。今では3歳からはじめる子供も多いが、満年齢の3歳は昔の数え年で4歳か5歳になり、結局お稽古ごとをはじめる年齢は今も昔も変わらないようだ。

 

他に「邦楽の日」「生花の日」もこの日に制定しているようで、どうやら「お稽古の日」と言うことになるらしい。

 

なぜ「6」なのか、一説によれば、日本では指で数を数えるとき、5まで親指から曲げてゆき6になると逆に小指を立てる。そこから「子は6で立つ」と縁起をかついだと言うが、本当かどうか定かではない。

 

私も6歳6月6日にギターをはじめていたら、人生が変わっていただろうか?良かったのか、悪かったのか、今となっては神のみぞ知る。

 

 

 

 

 

RIMG1842.jpg

 

見たことのない真っ黒なビオラを見つけた。黄色のビオラは花びらが6枚だが、このブラックも6枚だろうか?

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ