大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

健康 カテゴリー

一覧へ戻る

問題の親知らず
2012.01.31
カテゴリー:健康

 これまで親知らずの話は二度ほど触れてきたが、また問題がおきた。子供のころから歯は丈夫なほうで、大人になるまで虫歯は一本もなかったのに、大人になってチョコレートやケーキを食べるようになり、何本かが虫歯になってしまった。

 とは言え早い目に治療してきたので、抜歯することなく今日まですべて自分の歯を保つことが出来ているが、前に話したように、右下奥の親知らずは、完全に横向きに生え健康な他の歯をどんどん押すので、いろいろ問題が起きてしまう。 
 
 その親知らずのすぐ隣の臼歯が虫歯になり、治療はしたが横向き親知らずのせいでどんどん押され、弛んできてしまった。よこしまな性格ではないと自負しているのに、なぜ親知らずだけが正常でないのだろうと思ったが、横向き親知らずはさほど珍しくはなく時々あるそうだ。

 最近は半年に一度、歯の健康診断を受けているが、この間から虫歯治療でかぶせた金属が、剥がれたような気がして診てもらったところ、横向き親知らずが押しくらまんじゅうするので、根元が弛み案の定剥がれていた。

 この親知らず、抜歯できれば問題ないのだが、なにせ中年になってから、横向きに出てきたのだから、抜くとなると大手術で、年齢的にも体力的にも難しいらしい。

 何とも性格の悪い親知らず。歳とともに歯は弱っていく一方だから、歯並びを悪くするし、健康な歯を駄目にする。迷惑ばかりかけて役立たない厄介者が口の中で居座っている!

RIMG21489.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ