大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

編曲 カテゴリー

一覧へ戻る

「モーツアルトの子守歌」ギター合奏に編曲
2016.02.29
カテゴリー:編曲

「モーツアルトの子守歌」の編曲がようやく仕上がった。参考にした歌曲の楽譜タイトルは「モーツアルトの子守歌」なのに、作曲者名は「Mozart」ではなく「B.Flies 」となっていた。不思議に思い調べてみたら、意外な事実が分かった。
長年モーツァルト作曲とされ、ケッヘル番号、K.350 がつけられていたが、近年、ドイツの研究家がハンブルクの図書館で見つけた、18世紀後半の歌集によって「ベルンハルト・フリース」(モーツァルトと同時代の医師)による作品ということが判明した。

ケッヘル番号の訂正は1964年の第6版以降に行われたが、長年の慣習から、今でも「モーツァルトの子守歌」と呼ばれている。

差し詰め現代なら盗作問題で大騒ぎになるところだ。作曲がアマチュアの医師フリースと知ったが、美しい旋律はモーツアルトを彷彿させる。この美しい旋律を損なわないよう心がけたが、音の切れやすいギターで歌わせるのは至ってむつかしい。

専門的な話になるが、世界3大子守歌をはじめ、手元にあるすべての子守歌は系統で作曲されている。でもギターはが増えると開放弦が使えず、やむなく系にしなければならなくなる。外国の子守歌はギターに適さないのだろうか?SSWは拍子6/8の表現にも無理があり、まあこのくらいで手を打つことにしよう。

モーツアルトの子守歌
※この編曲は増井容子によるオリジナル編曲です。無断転載や無断使用はご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ