大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

編曲 カテゴリー

一覧へ戻る

「ブラームスの子守歌」ギター合奏に編曲 
2016.03.11
カテゴリー:編曲

世界三大子守歌のうち、最後のブラームスの子守歌が仕上がった。

ブラームス(1833~1897)はドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者で、バッハ、ベートーヴェンとともに、ドイツ音楽の「三大B」と言われている。

ところがベートーヴェン同様に、クラシックギターのための曲は見当たらない。バッハもギターのための曲はないが、リュート曲や、ヴァイオリン曲をギターにアレンジして演奏される。有名なものには「シャコンヌ」「リュート組曲」などが上げられる。

「シューベルトはギターを愛好し、ピアノの代わりにギターで作曲した」という逸話があるが、真意のほどは定かでない。そう言えばギターにアレンジすると、かなりぴったりおさまる気がする。

「ブラームスの子守歌」はピアノ伴奏に独特の雰囲気があり、ギターでの表現は難しいかもしれないと心配したが、何とかイメージを壊さずに仕上がった。これで「世界三大子守歌」すべてを完成させることができた。

ブラームスの子守歌
※この編曲は増井容子によるオリジナル編曲です。無断転載や無断使用はご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ