大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽&教育 カテゴリー

一覧へ戻る

SAMBA と ZAMBA
2006.07.19
カテゴリー:音楽&教育

 ここのところフォルクローレ桑原しんいちさんの路上ライブをたびたび聞く機会に恵まれ、昔フォルクローレ黄金時代に買ったレコードが聞きたくなり、久しくレコードプレーヤーを使っていなかったが、何年かぶりでレコードを聞いた。

 そうしたら今度はCDに作りかえたくなり、それが成功すると、次はあのアルゼンチン独特のリズム感溢れる伴奏を教わりたくなった。
 
 クラシックの世界では殆ど使わない奏法なので、やはり本場で学んだ方から教わりたいと思い、何度かレッスンを受けることにした。昨日、はじめてアルゼンチンサンバの基本リズムを教わった。

 普通は仮名でサンバと書くのでサンバと言えばブラジルのサンバを思い描く。一般的にはブラジルのサンバもアルゼンチンのサンバも同じと思われていると思う。

 ところが、お恥ずかしい話しだが、音楽の仕事をしているにもかかわらず、ブラジルのサンバは 「SAMBA」 と書き、アルゼンチンのサンバは 「ZAMBA」 と書くことを知らなかった。

 アルゼンチンフォルクローレで使われるこの伴奏パターンを、弾き語りに応用したいと思ったが、日本の歌やその他外国の歌には、このアルゼンチン独特のリズムはやはり使えないことが判った。しかしこのカットの方法はタッチを利用することで、面白い伴奏が出来そうに思う。

 そんなわけでしばらく   桑原さんの 指導を受けることになった。

RIMG1950.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ