大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

日記 カテゴリー

一覧へ戻る

つくつく法師
2006.08.24
カテゴリー:日記

つくつく法師が鳴き出し、ようやく夏も終わろうとしている。木曜は自宅レッスン日で、朝から掃除洗濯と忙しかった。洗濯物を干そうとしたら、ベランダの植木鉢ケースの中で、パタパタと激しく羽音がして、「あ!この音は蝉が落ちているに違いない!」と思いベランダに出てみた。

 

案の定、瀬戸物の植木鉢ケースにつくつく法師(と思う)が落ち、仰向けのまま足をバタバタさせていた。街路樹のある道路を通ると、仰向けの蝉の亡骸をよく見かけるが、短いと言われる蝉の一生、その断末魔の音を聞くのは堪えがたかったので、外に出してあげることにした。

 

この子の最後の場所としてこの「コンクリートは辛いだろうなぁ~」と変な同情心が湧き、せめて植木鉢に移してあげたいと思ったが、わが家には樹木の鉢植えがない。枯れた蘭の鉢が横にあったので、瀬戸物のケースよりまだましではないかと、移してあげることにした。

 

RIMG2209a.jpg

 

枯れた蘭の根っこを必死で登ろうとしていたが、何度かコンクリーとに落ち、何度も土に戻してあげた。水分の全くない枯れた根っこでは可哀想と、じょうろで鉢植えの土にそっと水をかけたり、布団を干していたので、その陰に置いたりとかなり気を使った。

 

もう殆ど飛び立つ力は残っていない筈なのに、しばらく目を離した隙に、突然パタパタと音がして、アッという間にどこかに消えてしまった。4階のベランダから、やや下方に見える桜の木までは飛べないと思うので、恐らくそのまま墜落したに違いない。

 

たかが蝉一匹のことだけど、静かな最後を看取ってあげようと思ったのに、蝉には枯れた蘭の根っこなど不本意な死に場所だったのだろうか?それとも動物の本能で、死の寸前まで危険を感じて我が身を守ったのだろうか?

 

RIMG0299.jpg

wooiepさんから、上の写真ははつくつく法師ではないようだとコメントをいただいた。そう言えば昨年の夏、階段燈にへばりついて 「ツクツクボウシ」 と激しく鳴いているところを写真に撮った事を思い出した。これが本物のつくつく法師だった!

 

 

 

2 thoughts on “つくつく法師”


  1. woopieさま♪
    私の写真の腕が悪いので、羽が透明に見えませんが、シースルーでした!
    綺麗な羽根だなぁ~と思いました。

    でも、アブラゼミかも知れません?
    今まで見た蝉よりかなり小さかったです!
    判らないけど墜落死した蝉の冥福を!

  2.  これはアブラゼミのようですね。
    ツクツクホウシの羽根は透明ですよ。
     ところで、こちらでは気のせいかクマゼミの鳴き声が、数年前から目立ちます。
    ~シャワシャワシャワ~というような声です。
     子供の頃は、クマゼミは非常にめずらしく、鳴き声を聴くと必死で探したものです。
     いまは、やたらと耳にします。
    クマゼミはどちらかというと暖かい地方に多いらしいのですが、この地方でこれだけ耳にするようになったのは、やはり温暖化の影響でしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ