大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

演奏会 カテゴリー

一覧へ戻る

桑原ギター教室発表会
2007.12.09
カテゴリー:演奏会

「桑原しんいちギター弾き語りリサイタル」は12/1成功裡に終了し、今日はその教室の第19回発表会が3時から、いつものゼロワンネーブルハウスで開催された。今回も私の教室から2名、参加させていただくことができた。一人は小学生から練習してきた小野くん。もう一人は初めて人前で弾くという森松さん。森松さんは昭和2年生まれの80歳。

「出演するなんて言わなければ良かった!」彼女からこの言葉を何度聞いたことだろう。考えてみると若いとき私も何度思ったか知れない。カルリの練習曲を弾いたが、どうして、どうして堂々としたものだった。

過去に半年ほどのギター経験があるようだが、まだ2年そこそこで、これだけ弾ける人も珍しい。演奏が済んで、夜電話があった。「孫が、おばあちゃん楽しそうで、貫禄があったし、良かったよ!って言ってくれました。それに、とても良い勉強になりました。また頑張って練習します!」

小野君は今流行の「はにかみ王子」に似た中学生。私立T中学部、生徒募集用ポスターのモデルになっているらしい。今回で3回目になるが、回を追うごとに上達しているのが分かる。

彼はアンサンブルが好きで、三重奏をしたいと言うが、思うようなメンバーを見つけるのが難しいので、やむを得ず月光を私と二重奏で、もう一曲はバッハのリュート組曲第一番からブーレを選んだ。

弾く人も聞く人も、何か得られれば吉。「人生また楽しからずや!」と言いたいが、そんな大げさなものではないか?

森松

小野

2 thoughts on “桑原ギター教室発表会”


  1. junさま お久しぶりです。コメントありがとうございます。

    自分が80歳になったら、こんな風に出来るかと、自信がありません。
    パソコンは、いつまで経っても悩みの連続です。
    お互い前向きに生きていきましょうね

  2. 80歳の方が ギターを習っておられるなんて
    驚きです。
    たいした更新も出来ないのに いつもいつもHP更新をするたびに 
    必死でやっておりもう齢だからと諦めの境地ですが、
    この方のことを思えば まだまだ気持ちで負けていますね。
    また頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ