大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

パソコン&携帯(スマホ) カテゴリー

一覧へ戻る

Singer Song Writer のwav保存
2011.10.19

話すのも恥ずかしいが、Singer Song writerで編曲をはじめて10年以上になるというのに、今の今までこのソフトで作成した曲はmidiに変換出来ても、wavに変換出来ないとずっと思い込んでいた。何と愚かなことだろう!

言い訳がましいが、取り説を見ずに勘で操作し、最初の段階ではwavは必要なかったし、wavのような大きなサイズの保存は昔のパソコンでは難しく、私の頭から完全に欠落していた。今日上書き保存の少し下に「オーディオファイルを保存」を発見!「えっ!なにこれ!!!」

編曲した曲はCDプレイヤーで聞けるようにして欲しいと合奏団員に言われ、wavに変換するのは?と思ったとき、どうして見つけられなかったのか?まるでずっと目くらましされてきたような気分だ。散々悩み苦労したのは、何だったのか!今回もiTunesの不具合でこんなにも悩んだのは何だったのか!そのせいで今も肩がパンパンになっている。

前回iTunesはいろいろ問題はあるが、素晴らしいメディアプレイヤーだと書いたが、その後再操作したら又しても不具合が起こり、挙句再インストールなど厄介なことになり、そこではじめて気がついたことだった。

SSWのソフトを存分に駆使している人からみれば、どうしてSSWでwavに変換しないの?と思うだろう。自分の無知と浅はかさを暴露して、穴があったら入りたいとはこのことだ!今日までどんなに無駄な時間を費やしたことか!

このソフトでwav保存が出来るなら、iphoneを使ってない私はiTunesとQuickTimeをダウンロードしなかったと思うし、その不具合で悩むこともなかった。2度ダウンロードをやり直したが、そのつどiTunesとSSWに不具合が起こった。関係はないと自分に言い聞かせ頑張ったが、どうやらSSWとiTunes系とはあまり相性がよくないように思う。
出来ないという思い込みは恐ろしいし勿体ない!ソフトの保存でもし「wav保存」という項目になっていれば、ひょっとしたらもっと早くに気がついていたかもしれない!これも今となっては言い訳に過ぎないが、普通のプレイヤーで聞けるCDをパソコン用語ではオーディオCDと言う。 「オーディオファイルで保存」「wav保存」と同じことだと言うことこにピンときていなかった。最近さらに思い違い(勘違い)と物忘れが増えた。ああぁ~歳は取りたくないな~!周りに嫌われないよう頭を柔軟にしなきゃ!

RIMG21094.jpg
 隠岐の島に行ったときのローソク島。お天気ならもっと真っ赤に燃えるのが、当日は雨模様だった。ちょうど太陽が沈むころ一瞬雲が引いてくれ、船頭さんに心がけがよいと言ってもらえた。ローソクの炎は細く小さくても燃やし続けたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ