大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽&教育 カテゴリー

一覧へ戻る

ふれあいコンサート
2007.05.27
カテゴリー:音楽&教育

最近、地域の音楽愛好家たちが、その地区の小学校を利用して、音楽会を開き住民との親睦を計ろうとしているところが多い。

 

教室に通ってくる遼太郎くんが通う小学校でもその催しがあり、妹のかの子ちゃん共々演奏することになり、朝から出かけた。

 

ハーモニカ愛好のグループと一緒で、先にそのグループが50分ほど演奏された。遼太郎くんは今回初めてソロ曲に挑戦して、ちょっと苦労していた。

 

クラシックギターは、右手親指と他の指を同時に弾こうとすると、とたんに難易度が上がる。ハーモニーを出すには左指の動きが複雑になり特に子供は難しくなる。

 

ギターのオリジナルな曲は指の動きに無理がないよう作られていて、まだ弾きやすいが、アニメやヒット曲など、子供たちの好む曲を、ギター用にアレンジして弾くのは容易ではない。ところが子供たちはそういった曲を弾きたがる。本人が弾きたがった「おもちゃのチャチャチャ」は子供が弾くにはとても弾きづらく、難しいので演奏効果は悪かった。

 

でもこれは、ギターを専門にしている私個人の考えで、聞いてくれた父兄たちは、音が途切れようと、つながりが悪かろうと、ひょっとしたら楽しんでくれたのかも知れない。

 

はじめから演奏効果が良くないことは判っていたので、練習で楽しむ曲と人に聴かせる曲とは、使い分けた方がいいと教えた方がいいのか、村治佳織さんのお父さんに聞いてみたい気がする。

 

 

 

RIMG0172a.jpg

 

「森の熊さん」をギター三重奏に編曲し、1st遼太郎くん、2ndかの子ちゃん、そして3rdを私が受け持って、全員合唱してもらった。幼稚園年長組のかの子ちゃんは、追っかけて出てくる輪唱のメロディーを、しっかり弾くことが出来た。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ