大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽教育(レッスン) カテゴリー

一覧へ戻る

姿勢(フォーム)
2008.03.13

 先日、古い写真を見ていたら、はじめて発表会で演奏したときの写真が見つかった。私がギターを始めた頃は今と違って、ギターの情報も知識も少なく、子供のときからレッスンができる人も少なかった。

 ホームページの「ワンポイントレッスン」のNO.28で書いたように、当時のカルカッシ教則本は、女性は足を広げないでとなっていて、とても不安定だった。その古い写真を見ると、弾きにくそうで、肩も腕も力が入り、これでは良い演奏が出来るわけがない。

 今は男女に関係なく安定した姿勢が出来るようになり、足台を使わずにすむサポーターなども発売され、弾きやすい姿勢を保つことができるようになった。

 1998年に来日した、ジョン・ウイリアムスのチラシを今も残しているが、その演奏スタイルは素晴らしく、ときどき生徒の皆さんに参考にしてもらっている。余分な力を抜くには、やはり姿勢が大切だと、古い写真を見ていたらしみじみ思った。

DSC00034m.jpg
昨年発表会で三重奏した時のをトリミングしたもので、姿勢は一応弾きやすそうに見える。この日は足台を使わず、ARIAのギターサポートを使用した。昔はアマチュアがロングスカートを準備するのも簡単ではなかったし、男性と同様に大きく足を広げるのも難しいという現実もあった。

4 thoughts on “姿勢(フォーム)”

  1. アルカモネさま ギターレストは試していませんが、一長一短ですね。

    ARIAのギターサポートは荒井貿易が発売元で
    スペイン製、定価3500円。折り畳んでケースに収納できます。
    ただ、前にも書いたように吸盤のプラスチック?が
    塗装を禿げさせる化学作用を起こすようで、
    付けっぱなしにすると、吸盤の跡が側面板に残ります それを覚悟するなら、非常に便利で、子供など
    これを使うとバッチリホームが決まります。

  2. 膝の上に置くダイナレットと、
    ねじで挟み込むギターレストは
    試しました。この吸盤式はどうなのかなと
    思いました。
    ギターレストはいちいち外さないと
    ギターケースにギターが入らないし
    ダイナレットは詰め物をしてもまだちょっと
    低いし、不安定
    なかなかいいものがありません。
    家ではダイナレット
    外ではギターレストにしています。
  3. アルカモネさま コメントありがとうございます。
    はい、私の写真です。昨年6月の発表会でのものです。

    >スリムですね~、決まってますね~
    ありがとうございます。若いときと体重は変わりませんが、
    と言うより、むしろちょっと細くなったでしょうか?
    でも、B・W・Hのスリーサイズ、とくにWは口惜しいことに、
    少々違ってます ギターサポートは2~3試した中ではこのARIAのものが
    一番使い勝手は良かったですが、ただ、吸盤のある
    脱着式のもので、便利ではありますが、塗装を傷めるので
    高級のギターには覚悟がいります。

    股関節を痛めたのでこれを使ってますが、健康の面では
    これを使ってから股関節の痛みはなくなりました。

    他に枕のような、膝の上に置くものもありますが、
    立ち上がるのにちょっと不便なようで、でもこれなら
    塗装を傷めないので安心ですよね

  4. やっぱり姿勢は大事ですよね~

    この写真はcinnamonさん?
    スリムですね~、決まってますね~
    サポートの実際の使い心地はどうでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ