大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽教育(レッスン) カテゴリー

一覧へ戻る

いづみ健老大学でのギター講座
2018.01.11

一昨年「NPO法人 いづみ健老大学」事務局から、ギター講座を始めたいと講師の依頼を受けた。前にピアノの講座をしたところ、高評で来年はギターを始めたいとのことだった。

ピアノは音色を作る必要があっても、音程を作る必要がないので初心者でも楽しめそうだが、左右の指は全く違う動きをして音程を作らなければならないギターは、熟年者でしかも集団レッスンは可能か?と不安ではあった。

昨年6月8日から始まったが、募集20名のところ応募者は10名で、主催者としては迷うところだが始めることになり、結局当日の参加者は7名になってしまった。ギターは各自持参が条件だったので初心者であっても過去に自己流ながら経験のある人が多く、一度も触ったことがない初心者は二人ほどでスタートした。

楽器経験者はご存じのように、始めたばかりは週に1度は指導者のアドバイスが必要になる。健老大学の講座は最高で15回シリーズと限られていて、講習は月1回になるときもあり、はたしてどれほど上達できるだろうか?と心配したが、12月には初心者でも「きよしこのよる」をメロディーと伴奏に分けて弾けるようになっていた。

今年初の講座(11回目)を今日終了した。経験があっても、全員過去に正しい指導を受けていないので、Dmコードで小指を使うのが難しいと言いつつも楽しく練習を終えた。次回はいよいよ一番の難関Fコードに進もうと思う。

          
左:6月8日第1回目の練習風景。譜面台の持ち合わせがなく、不便ながら机での譜読み。
右:新年最初の練習風景。簡単なメロディーは弾けるようになり、コードは、C・G7・は完成。
この日は Am・E・E7・Dm を復習した。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ