大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

日記 カテゴリー

一覧へ戻る

侵入者はコウモリ?
2008.09.01
カテゴリー:日記

 月初の話題には相応しくないが、昨日の夕方、ウオーキングに出かける準備をしていたら、部屋の中で黒いものがチラチラするのが目に入った。蛾が紛れ込んだのかと確かめに行ったら、かなり早い速度で飛び回るので見極められないが、蛾などの小さなものでなく、どうやら鳥の類だと分かった。

 早いスピードだが、ツバメではなさそうだし得体が知れないので気持ちが悪い。消灯して窓を開ければ飛び去るだろうと思ったが、部屋に入らなければ消灯できない。家中飛び回ると困るので、戸を閉め「さあ、どうしよう?!」と悩んだ。

 しばらくしてそっと覗いてみたら姿がない。あちこち見回したが何処にも見あたらない。窓を確かめたら、網戸はしっかり閉まり、空気抜き用の小窓も閉まっていて、どこから進入したのかも、全く分からない。仕方なくそのままにして出かけた。

 知り合いの店でその話をしたら、コウモリではないか?「まだ潜んでますよ!」と言う。誰かに退治してもらいたかったが、方法もなく覚悟して帰宅した。

 コウモリならこうもり傘で撃退しようかと、しゃれを言ってる場合じゃないが、雨漏りでもないのに、傘をさして部屋に入ったが見つからない。逃げ道はないから何処かで息を潜めてるに違いないが、奴も必死だろうし、私も必死だった。

 このままでは困ると、ない知恵を絞ったところ、窓を開け、ベープマットを焚いたら出ていかないだろうか?と思いついた。久しく使ってなかった器具を探したら幸いマットも残っていた。

 時間をおいてそっと覗いたら、ふらふらと飛んでいた。部屋が暗いのでその正体は分からないが、窓のあたりを飛んでいたので、てっきり出ていったものと、窓を閉め安心して食事の準備にかかった。

 それでも気になったので、食事の前に念のため覗いてみた。そうしたらなんと、まだ黒い陰がひらひらしているではないか!慌てて窓を開け傘を取りに行った。部屋に戻ったときにはもう姿はなく、それからは見かけないので、多分無事逃亡したのだと思う!さんざんドキドキさせられ、心臓に至って悪い大捕物?だった!

RIMG2817.jpg
 近くにある「しまうま公園」。府の開発企業局がニュータウンを開発するとき、かなりの自然を残した。この公園の向かい側は、小さな自然森林で、いつかカラスの集団が黒く山のように止まっていたことがあった。こんな場所がコウモリのすみかなのかも知れない。

2 thoughts on “侵入者はコウモリ?”


  1. 泉さま こんばんは。

    コウモリって鳥ではないんですよね。

    私は直接見たことはないのですが、
    結局コウモリだったのかどうか分からない
    ままに終わりましたが、何はともあれ
    無事巣に戻ってくれて良かったです 冒険心があったのか?鈍くさかったのか?
    事なくすんで、ほっとしました

  2. 触ったことありますが、けっこう可愛いいんです。
    でも部屋の中に潜んでると思うと落ち着かないと思います。

    無事、出て行ってくれて良かったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ