大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

日記 カテゴリー

一覧へ戻る

今ごろ届いた年賀状
2008.01.17
カテゴリー:日記

インターフォンのチャイムに出ると「郵便局です」と言う。何かが届くような記憶がないので、何だろう?と思いながら出た。配達の女性が「すみません!年賀状が違うところに届けられ、今日になってしまいました。今後このようなことのないよう、心がけますので、よろしくお願いします」と10枚ばかりの年賀状が届いた。

 

毎年届く年賀状が、今年はどうして来ないのかなぁ~と心配していた。何はともあれ、届けられて良かったが、中を見たら、あの人も、この人も、ちゃんと送ってくださっていた。お年玉の抽選は終わっているのに!と思ったが、どうやら今年は抽選日が27日に変わったらしい。

 

民営化され、スタッフが変わり、ミスが起きたのだと思うが、違う場所に届けられ捨てられずにすんで、ほんとうに良かった。戻してくださった方にお礼を言いたいが、何処のどなたか判らない。せめて感謝の気持ちを胸に秘めておこう。

 

この逆の経験が、過去に何度かある。「情けは人の為ならず!」と思ったが、最近この格言を、親切にするのはその人のためにならない!と、解釈する若者が多いと聞く・・・。

 

 

 

RIMG10937.jpg

 

年末散歩中見つけた可愛い木の実。誰が育てたのか?しかも名前も判らない。

 

 

 

2 thoughts on “今ごろ届いた年賀状”


  1. アルカモネさま いつもコメントありがとうございます。
    勘違いされている言葉や格言、結構あるんですね~。

    「流れに棹さす」の「棹さす」が現代人には
    理解しがたい言葉ですものね~。

    そういう自分も一杯あるかも知れませんが、
    ネットの普及で調べやすくなりました。

    「草枕」が書かれた時代にはごく当たり前の
    意味に解釈されたのでしょうが、私も
    「とかくこの世は~」と思ってましたが、
    漱石の文章は「とかくに人の世は~」らしいですね~

  2. 「情けは人の為ならず!」
    それ以外にも勘違いされているものとして、以下があるようです

    「気の置けない人」
    気を許せない人と勘違いされている

    「流れに竿をさす」
    流れに逆らうと勘違いされている

    特に「流れに竿をさす」はインターネットでも勘違いバージョンがいっぱいありますね。とかくこの世は住みにくい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ