大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

パソコン&携帯(スマホ) カテゴリー

一覧へ戻る

iPhone8の写真ファイル 拡張子が「jpg」でなく「HEIC」になる 
2020.04.01

3月中旬、スマホを変更する気がないのに、何故かiPhone8に変更してしまった。新型コロナウイルスでストレスが貯まったのか?何か新しいものに気が向いてしまったのか?

 

 

時の流れが澱むと人は何かを変えたいと感じるのだろうか?今から思えば変更の必要もないのに、何故買い換えたのか少なからず後悔したが、まあ、これはこれで良し!としようと思い直した。

 

 

最初に困ったのは、綻び始めた可愛らしい桜の一輪を撮影し、パソコンに保存した時のこと。これまで見たことのない、山の形をしたアイコンが現れ画像が開かない。よくよく見たら、拡張子が見たことのない「HEIC」に変わっていた。

 

 

翌日いろいろ検索したら、一旦「HEIC」で保存された画像は、変換ソフトを使わない限り開くことができないと分かった。高画質で容量軽減を目的とした処置らしいが、jpgで保存する方が私としてはありがたい。方法を探しiPhoneの設定を変更したら、その後の写真はこれまでと同じピクチャーマネージャーで編集できるようになった。

 

 

「私はこれで直せました(笑)」で記録しておこうと思う。

iPhone「設定」ー「カメラ」-「フォーマット」-「高効率」のチェックを外し「互換性優先」にチェックを入れる。

 

 

設定を変えた後撮ったさくら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ