大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽&教育 カテゴリー

一覧へ戻る

郵貯ジョイントカード(キャッシュカート+クレジットカード)
2007.11.09
カテゴリー:音楽&教育

 郵政公社の民営化で、特に困ることはなかったが、先日、一つ悩んだことがある。以前、郵便局でキャッシュカートを勧められ作成した。このカードは郵便貯金ジョイントカード(郵便貯金共用カード)と呼ばれるもので、銀行カードと同じように、入出金できるキャッシュカードに、買い物が出来るクレジットカードをプラスし、一枚のカードとして使用できるものだった。

 一月ほど前に新しいカードが送られてきて、当然古いカードにハサミを入れ廃棄。しばらくして同じクレジット会社から、また新しいカードが届いた。記号番号を確認したら全く同じ、デザインも同じ、一瞬変だなぁ~?とは思ったが、カードが変更する旨の説明があるのみで、同じ番号の同じデザインのが、二枚あれば、当然先に届いた方は無用のものだと思ってしまう。

 二枚並べて良く見極めれば良かったが、先に届いた方にハサミを入れ、ゴミ箱に捨てる寸前、念のためとよくよく見たら、小さく郵貯のマークが入っていた。あとで届いた方はそのマークがなかった。

 「これで出金できるのか?」と不安になり、一応捨てずに置いた。翌日クレジット会社に問い合わせの電話を入れるが、ずっと話し中で通じない。

 翌々日現金が必要になり、試しにATM機に入れてみた。案の定「出金できません!」とメッセージが出た。次に郵便局(と呼んで良いのか?)に行って確かめた。「昨日電話を頂いた方ですか?」と窓口で聞かれた。

 私と同じように悩んだ人が多いのだ。説明不足で不親切だ!と思ったが、新しく郵貯のキャッシュカードを作ってくれると言うので手続きをして帰った。何人か問い合わせがあったらしく、同じような人が大勢いるようだ。

 なぜ詳しい説明がないのか、この サイト を見ると事情が分かる。

RIMG1635a.jpg
これは去年の写真。デジカメについてはネットで説明しにくいが、ちょっと問題が・・・。ほとんど私の思いこみとわがままだと思うが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ