大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽&教育 カテゴリー

一覧へ戻る

ギターマイク つづき
2006.12.22
カテゴリー:音楽&教育

 ギターマイク(Guyatone EDMー1)を使った感想。
マイクは小さく(直径3㎝ぐらい)、ギターにつける位置はブリッジの上にと説明書に書かれていた。

★アンプ(出力30Wぐらい。メーカー型番不明)ギター古い黒沢常三郎作
*音量は増大、高音部の音質はまるで変わってしまう。
*マイクのつける位置をブリッジより下方の表面板、高音部で試す。
音質は硬く、本来のギターの音でなくなる。
*マイクの位置を低音側に変える。高音の音質が柔らかくなる。

★アンプ ローランド(出力60W)ギター川田一高作
*音質音量共に前のより良い。付ける位置によって音質が違うのは同じ。
表面板の中央辺りが音量は小さくなるが、音質はよい。

★アンプ 老人ホームで使用のアンプに直接つなぐ。
*音響設備については私は無知なので、詳しい説明が出来ないが、4ヶ所に設置しているスピーカーに流すことが出来るとの説明を受け試す。音がズレ遅れて聞こえるので、モニターなしでは弾けなかった。
    
 セゴビアの一の弟子、ジョン・ウイリアムスは大阪シンフォニーホールでのコンサートで、二度とも音響設備を使用していた。一度目はスピーカーが効きすぎて残念な思いをしたが、二度目は微かにマイクを使用しているようだった。漏れ聞くところでは、音響知識は非常に詳しいとのことだ。この辺りの考え方は、セゴビアとは随分違う。

 時と場所によって考え方は違って良いと思う。会場の大きさ、アンサンブルやコンチェルトなど他の楽器とあわせる場合、曲の内容などによって様々だ。ただ生音に慣れていると、どうしても電気の入った音に違和感を感じる。

 私達「アンサンブル・カノン」の場合キーボードが電気の入った音なので、ギターは生の音の方が癒される。もし生のピアノと合わせるなら、ギターは電気がかっていても良いかも知れない。両方とも電気がかった音だと、なんとなく落ち着かない。

RIMG0782.jpg


 前にも書いたように結局当日はアンプを使わず、ホームで備え付けのマイクを使った。その方が生に近い音になったので。

 先に書いたように時と場所により違うので結論は出せないが、現時点で言うならば、少しでも柔らかい音を望み、なおかつ音量不足を解消したくてマイクを使うなら、楽器に直接付けるのではなく、楽器専用のマイク(価格は高いが)を用意するのがベストのように思う。経験を重ねると、また考えが変わるかも知れないが・・・。 

2 thoughts on “ギターマイク つづき”


  1. あおっき~さま♪

    貴重なご意見ありがとうございます。
    あおっき~さまは音響の専門家ですもんね!

    おっしゃるとおり時と場合と場所その他条件によって変えるのが
    一番ですね!

    何事もそうかも知れませんが、音も人によって感じ方が違い、
    意見を聞いて試してみても、想像するのと実際とは違うんですよね~。

    私の相棒も電気のかかったキーボードでクラシックははあまり
    弾きたくないみたいです!
    音はいろいろ選べて楽しめますが、タッチが違うので、
    クラシックを弾くと、思うような表現にならず悔しいみたいです!

    合わせる楽器、歌が入るのかなど、いろいろ条件が違うので
    自分たちにあった方法を試行錯誤して、考えるしか方法がないと思いました。

    コンサートとして聞いていただくなら、もっと真剣に考えなくてはいけませんね。



  2. クラシックギターの持つ本来の音色をご存知ですから、
    コンタクトマイクを取り付けてエレキ化すると、
    大抵「音色が違う」ことと、「音の聞こえ方が変わる」事に、
    違和感を覚える事になりますねぇ。元相方もそうでした。

    私は、最初からエレガットギター(マイク内蔵型)を所有しているので、
    音に人工的な残響を付けたりして積極的に変化させるなどし、
    特にコダワリなく使っています。
    生で演奏しても聞こえるならそのまま、
    音を増強する必要が生じればプラグを差し込んでアンプで鳴らす、
    PA設備の整った会場で演奏する時は、マイクで狙って頂く…
    (マイクを立てて貰った方が音色的にはマシですね)
    と、場所に合わせてこちらも対応出来るので重宝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ