大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽&教育 カテゴリー

一覧へ戻る

小さな木の実
2005.10.25
カテゴリー:音楽&教育

駐車場の向かいのお宅(葡萄を植えていたお隣)にピラカンサがいっぱい実っていた。「わぁ~秋だなぁ~」と思う。

ビゼー作曲の「小さな木の実」を途端に思い出した。原曲は「美しいパースの娘」の中のアリアで、「カルメン」ほど有名でないせいか、演奏されることは少ない。でも、「小さな木の実」だけは学校でも良く演奏される。

この曲に海野洋司氏が歌詞をつけ、NHKの「みんなのうた」で発表されてから愛唱されるようになった。でも原曲は海野氏のものとは、全く違う内容のようだ。

歌詞は、少年とその父の物語で、もともとそうであったような錯覚を覚えさせるほどメロディーにマッチし、胸が熱くなる。
歌詞は「続きを読む」で。

RIMG0555.jpg

接写にすると、一瞬柿に見える。小さな木の実とはほど遠くなった!

小さな木の実
作曲:ビゼー
作詞:海野洋司

1.小さな手のひらに ひとつ
  古ぼけた木の実 握り締め
  小さな足跡が 一つ
  草原の中を かけて行く
  パパと二人で 拾った
  大切な木の実 握り締め
  今年また 秋の丘を
  少年は 一人かけて行く

2.小さな心に いつでも
  幸せな秋は あふれている
  風とよく晴れた空と
  暖かいパパの思い出と
  坊や強く生きるんだ
  広いこの世界 お前のもの
  今年また 秋がくると
  木の実はささやくパパの言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ