大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽教育(レッスン) カテゴリー

一覧へ戻る

ギターレッスン第4回「左右のタイミングを指に覚えさせよう」
2013.10.25

ギターレッスン第4回 左右のタイミングを指に覚えさせよう

 

クロマチックスケール(半音階)の練習が最も有効です。

 

まずは第1弦、開放のミから、ファ・ファ♯・ソ・ソ♯と、1の指から4の指まで(人差し指~小指)1フレットから順番に指を離さず、しっかり広げて押さえます。4フレットのソ♯まで上がったら、一つずつ指を離して降りてきます。馴れたら全弦を。このとき左指を斜めにしないで、まっすぐに押さえることが大切です。殆どの人は最初に押さえる人差し指がフレットに対して斜めに押さえてしまうので小指が届かなくなり指を広げる訓練にもなりません。

 

右手はクラシックではim・ma・など交互に、ピックの場合はアップダウン交代で。この練習は左右のタイミングとフレットのツボを覚え、指を広げる訓練にも極めて有効です。左手各指は離さないで広げたままですが、力は順番に移し上昇では小指まで行くと、他の指は力が抜けていなければなりません。下降でも薬指から順番に力を移して行きます。辛い練習ですが、明日を夢見て頑張りましょう!

 

 

RIMG22517.jpg

 

台風27号の影響で、かなりの雨が降っていた。教室で練習をしていて、ふと入り口を見ると、野良猫?がじっとのぞき込んでいた!目と目が合い私もじっと見つめ直した。慌ててカメラを向けるとあっち向いてホイ!嫌われた!私の音が聞き分けられるのか?といろいろ試したが「猫に小判」ならぬ「猫にギター」だった!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ