大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

発見 カテゴリー

一覧へ戻る

閏年
2008.02.29
カテゴリー:発見

 今年は閏年。閏年って4年に一度巡ってきて、オリンピックが開催される、ぐらいの知識だったが、実は以外と複雑で、例外がいろいろあることを知った。

 地球が太陽を一年間に365日かけて回るが、僅かに出る誤差を調整するためとだと単純に思っていた。ところがそんなに単純な計算ではないようだ。

 西暦年が4で割り切れる年は閏年。しかし4で割り切れても、100で割り切れる年は閏年としない。じゃあ何故2000年は、閏年になったのだろう?と思ったら、4で割り切れ、100で割り切れ本来なら閏年にしない筈だが、400で割り切れる年は、例外で閏年とするようで、2000年は400年に一度の例外で閏年となったそうだ。

 一年は365.2422日と半端があり、4年に一度一日多くすると、100年たつと今度は長くなりすぎる。そこで100年に一度は閏年を取りやめ調整する。ところが400年経つと、また微妙に短くなりすぎるので、閏年にしない年でありながら、閏年として調整するそうだ。

 そうすると、閏年はオリンピックと思っているのは間違いってことになるが、私の生涯の間には、閏年を取りやめる年も、取りやめ年なのに閏年になる年も、巡ってはこない。よく考えたら、どうでも良い話だった。

RIMG11197.jpg

2 thoughts on “閏年”

  1. アルカモネさま そうですね~。ややこしいですね。

    でも、これはグレゴリオ歴に依るそうで(良く判りませんが) これが一番誤差を少なくする方法かな~?って気が?・・・。

    何百年か経てばまた変わるかも知れませんね? 暦は宗教と大きく関わっているらしいし・・・。
    生きて確認は出来ませんが・・・

  2. いっそのこと、現在の1秒の間隔を変えたら
    だめなんすかね~
    それで毎月30日で1年360日にしてしまうとか。
    ああ、ややこしい。だれが1秒の間隔決めたんや~。よく知りもせで…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ