大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

編曲 カテゴリー

一覧へ戻る

Singer Song Writer Lite7 つづき
2012.10.07
カテゴリー:編曲

音のないメディアプレイヤーなど立ち上がってくれても意味がない。格言ではこんなのを「絵に描いた餅」と言う。余談だがついでに英語では?と調べたら「芸術と実生活は異なるものだ」だそうで、自分のことを言われてるような気がした!

横道にそれたが、慌ててサポートセンター、マイページにアクセス!でも連休だからすぐに返事はもらえない。「パソコンは成功しないとき、同じ操作を繰り返しても駄目です!」と最初にパソコンの手ほどきをしてくれた人から聞いていたので、私なりに考えられる操作をあれこれ試したが、メディアプレイヤーは何の変化もなかった。

前回サポートセンターへ「INASIO」にすると音色が良くないが、その設定でなければダメですか?と尋ねたら、音の好みだから問題はないと言われた。それは「オーディオポートの設定」の話で、「MIDIポートの設定」では「INASIO」ではなく「INVSC」という設定で私はこれを混同して質問していた。このことは後で判ったことだが、そのときはどう考えても原因は「MIDIポート」しかない!と自分なりに判断し「MIDIポートの設定」を思い切って「INVSC」に変更した!

音が出た!音色は堅く好みに合わないが、絵に描いた餅ではなくなった!次に「CD作成機能」でオーディオCDが作れる!と喜び勇んで取りかかったが、可能なファイルは「Lite7」「midi」形式となっていて、これでwav形式のCDが作れるのだろうか?とマニュアルを見ても判断がつかなかった。

それならばとiTunesで作成することにする。複数曲になると音量その他平均しないなど、不満がなくはないが、細かい設定方法はわからないし、鑑賞用でなく練習用だからと覚悟して操作したら、短時間で十数枚のCDが作れた。iTunesの作成スピードは驚くほど早い。

「INASIO」とはSSW制作会社「インターネット社」が開発したASIOドライバで(オーディオ インターフェース ドライバ)このドライバは低レイテンシ(スピードが速く優れている)とのことだが、半分判って半分判らない!

Juan Gris guitare partition

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ