大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

編曲 カテゴリー

一覧へ戻る

Singer Song Writer Lite7
2012.10.06
カテゴリー:編曲

音楽ソフト「Singer Song Writer」の「Lite7」を購入した。これまで使ってたのはVer8.0だったのでバージョンアップを考えるなら9・0になるが、どこが違うのか「機能比較表」を見ると、私の場合使用音源は主に「ナイロンギター」多数の音源は必要としないので、少し軽い「Lite7]」にした。

 

インストールをはじめ「オーディオポートの設定」と「ミディポートの設定」でつまずいた。何を選ぶべきかマニュアルを見ても、音響関連はさっぱり判らない。

 

解説ではポートのデバイスは付属の「INTERNET ASIO(INASIO)」にする方が低レイテンシーで優れていると書かれていた。判らないままインストールし、再生してみたら、以前に比べて音色、特に残響が悪く前に使っていたWindowsに内蔵されている「Microsoft GS Wavetabile Synth」にする方がまだ暖かい音がすると感じ以前の設定に戻した。

 

これまで散々迷ってきた「オーディオファイルに保存」もすんなりできたが、上書きしようとすると出来ない。サポートセンターに問い合わせると、親切に解説してくれたが、結論は上書き保存の機能はないので、その都度保存してくださいとのことだった。試してみたら末尾に細かい番号がつけられ、ファイルがどんどん増える上に、どれがどれか判らなくなる。上書き保存はなるべく避けるべきだと知った。

 

新ソフトは濃いグレーと薄いグレーのモノトーンでデザインがおしゃれ、でも老眼が必要な我々には至って見づらい。保存場所指定でうっかりしたら、違う場所に保存されてしまい慌てて検索してようやく見つけた。

 

見つけた「wav」ファイルを出し再生したら「メディアプレイヤー」は立ち上がったが、何故か音が出ない。ソングファイルとして保存したもの、midiで保存したものはしっかり音が出るのに、wav保存のだけ音が出ない!何処にミスがあったのか、あれこれ確認しいろいろ操作してみたが全く音が出ない!

 

長くなるのでつづきは次回に!

 

RIMG13137.jpg

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ