大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

ギターワンポイントレッスン

一覧へ戻る

1ギターが弾きたい!と思い立った初心者のための準備と始め方
2014.03.25

ギターが弾きたい!と思いながら、決心がつかなかったあなた、思い立った今日が吉日です!思い切って始めましょう!

 

先ずはギターを準備しましょう!

 

■手元にギターがある場合

◆弦は張られているか?

◆糸巻き(ペク)は使えるか?

◆破損箇所はないか?

 

●弦と糸巻き(ペグ)は張り替え、交換が可能です。購入は楽器店やネットでもできます。

交換は自分でも出来ますが、出来なければお店で教わるか、依頼しましょう。

 

●ギターに少々のひび割れや破損があっても音に影響がなければ大丈夫。ただそれは弦を張って弾いてみなければ分かりません。

 

■手元にギターが無い場合

◆購入を考える。

◆友人、知人に眠っているギターが無いか尋ねる。

 

 

♥ギターの種類と選び方

一言にギターと言っても多くの種類があります。「どう楽しみたいか」を考えて選びましょう。

 

■ギターの種類は大きく分けて三種類になり、どのように楽しむかによって選び方が違ってきます。

 

1)好みの曲や有名な曲をソロで弾きたい(クラシックギター)

2)弾き語りをしたい(アコースティックギター・フォークギター)

3)仲間とバンドを組みたい(エレキギター)

 

それぞれのジャンルでもまた細かく分かれますが、ギターを購入する場合は個人の好みと予算で考えましょう。

 

 

♥ギター購入を考える (買い方・選び方)

 

◆楽器店で買うメリット

現物を見て触れる。試し弾きができる。音が確かめられる。店員に相談できる。

 

◆ネットで探すメリット

検索しやすい。値段で検索できる。欲しいものが探せる。種類が豊富。

 

 

♥買い方・選び方の注意点

 

◆ネットで購入する場合、有名店などは安心ですが、直接触れないので弾きやすいか?どんな音がするのか?が分かりません。慎重に決めましょう。

 

◆楽器は修理(リペア)が必要になることがあります。修理(メンテナンス)して貰えるか確かめるのも大切です。相手が個人の取引では殆ど修理はして貰えません。

 

◆例えば、本当はクラシックギターで有名曲を弾きたい!と思っているのに手元にアコースティックギターしか無かったとしても大丈夫!弦の種類が違うので少し弾きにくいですが、練習に問題はありません。

 

◆エレキギターの場合、基本練習はアコギやクラシックギターでも出来ますが、バンドを組むならエレキギターが必要です。他にアンプ、シールド(アンプにつなぐコード)、ストラップ、ピックなど、他のギターと違い付属品が必要になります。

 

◆中古ギターをネットで探す時は、個人取引が多いので内容を良く確認しましょう。

 

◆教室に通うか、指導者につく可能性がある場合は、指導者のアドバイスを受けてから決めるのが賢明です。

 

 

♥ギター上達のために大切にすべきこと

はじめに少し覚悟がいります。楽器の上達には練習が欠かせません。毎日コツコツ積み重ねて下さい。時には嫌になることがありますが、明日を夢見て諦めずにギターに触れ、マイギターを愛してつづければ、願いが叶います。努力の積み重ねが成功のメダルとなるでしょう。

 

 

P1000121

発表会でヂュオを楽しむお父さんと息子。この日お父さんは「私の夢の一つが息子と一緒にギターを弾くことで、今日はその夢の一つがかなって、本当に幸せです!」 と語ってくれました。クラシックギターとアコースティックギターでデュオする親子。

 

 


ページの先頭へ