大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

健康 カテゴリー

一覧へ戻る

ピロリ菌の除菌
2015.08.18
カテゴリー:健康

胃の調子が悪いのは若い頃からで、健康診断では常に胃炎と言われ、ここ数年人間ドックでは毎年「軽い胃炎」と診断され、2~3年前からは「萎縮性胃炎」と診断されるようになった。

周りからピロリ菌除菌をしたら胃の調子が凄く良くなった!と聞き、今年1月人間ドックで胃カメラ検査のとき、ピロリ菌検査を依頼したら案の定陽性だった。

「萎縮性胃炎」は「ピロリ菌」と因果関係ありと最近の研究で発表され、萎縮性胃炎患者は、2013年からピロリ菌除菌が健康保険適用になったようで、除菌治療を受けることにした。

1週間2種類の除菌薬を指示どおり真面目に飲んだ。2日め辺りから下痢が始まり、4~5日すると味覚異常が出る副作用があり、その後は何週間も便秘が続いた。便秘気味の状態は3ヶ月も続いただろうか?

たまたま除菌薬を飲み終わった、3日後が大腸癌検査の予約日にあたり、大変な思いをした記事を2015/04/12 「3回目大腸癌検査結果~」 で書いた。その時の胃腸器内科医師の話しでは、「ピロリ菌除菌薬を飲むことで腸内細菌のバランス(善玉菌と悪玉菌)が崩れ、人によっては6ヶ月も便通が元に戻らない人もあります」とのことだった。

除菌治療後の検査結果は、陰性と判定され除菌治療は一度で成功した。いろいろ苦労したが、成功率は8割ほどと聞いているので、嬉しさ100倍。胃もたれ、胃の痛みも無くなり、食事も美味しく至って快調!お世話になった全ての人と、神に感謝!

IMG_0428

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ