大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

ギターワンポイントレッスン

一覧へ戻る

5ー2 その他準備したいもの(アコースティック・エレキギターの場合)
2014.05.11

☞ 5ー2 「その他準備したいもの(アコースティック・エレキギターの場合)
できるだけ準備したいものを考えましょう
アコースティック・エレキギターの場合(チューナー(調弦器)・カポタスト・ストラップ・教本【すでに投稿済み】・その他)

♥アコースティックギターはクラシックギターとほぼ同じですが、指を使わない奏法(ストローク奏法)ではピックが必要です。種類は好みによりますが、初心者は柔らかいソフトなものが向いています。

歌の伴奏にはカポタストを準備しましょう。 クラシックギターとアコースティックギターでは指板の形状が違うので、それぞれに合ったものを選ばなければなりません。

立って練習するなら椅子、足台は必要ありませんが、代わりにストラップ(ギターを肩から吊す)が必要になります。

♥エレキギターもアコースティックギターとほぼ同じで良いと思いますが、クラシックと違い立ったまま演奏するので、椅子は必要がなくストラップは必需品です。

エレキギターが他のギターと大きく違うのは電気を使うと言うことです。エレアコと言われるギターも同じで、アンプとそれをつなぐシールドが必要になります。アンプは使用目的に合うのを選びましょう。家で使うなら最小のもの、ライブに使うなら場所に応じた大きさのものを。

他にエフェクター(音響効果を与える機器)があるとエレキサウンドを存分に楽しむことができます。

DSC_8344   pedcstd_bk

左:「また君に恋してる」をアコースティックギターで演奏するKさん。ソロ曲なのでピックは使わず、クラシック奏法での演奏。 右:荒井貿易株式会社製造「プロアルテⅡ」  私もこのレスポールタイプ黒を持っています。
クリックで画像を拡大することができます。


ページの先頭へ