大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

ギターワンポイントレッスン

一覧へ戻る

5ー1 その他準備したいもの(クラシックギターの場合)
2014.05.04

☞ 5ー1 「その他準備したいもの(クラシックギターの場合)」
できるだけ準備したいものを考えましょう
クラシックギターの場合(椅子・譜面台・足台・チューナー(調弦器)・教本【すでに投稿済み】)

クラシックギターは必ず座って演奏するので、椅子が必要です。子供の場合は足の長さに合ったものが必要で調達は難しいです。 高さを調節できるものが良いので、教室では高さ調節のできるピアノ椅子の足を切って使ってます。

ピアノ椅子はピアノの高さに合わせているため全体に高く、5歳児ぐらいの子供に適した最小限の高さに足を切り、伸ばしたら大人に適した長さになるよう工夫しました。

家庭ではこれは難しいので、折りたたみ椅子(殆どのコンサート会場で使用している)で幼児には足台を2個用意し両足に使えば解決できるでしょう。  もう一つの方法として介護で使用する入浴用椅子を使ったことがあります。高さが調節できて幼児には使えました。足台と譜面台は工夫次第で代用品を考えることができます。

DSC_8196h   DSC_8314 P1000121

写真左:クラシックギター。ヘッドに付けているのはチューナー(調弦器)。側面版についているのは足台を使わず演奏する時に使用するギターサポート。 写真中央:クラシックギターの演奏風景。椅子、足台、譜面台などの参考に。 写真右:子供はギターサポートと2台の足台を使用。 (クリックで写真を拡大することができます。)


ページの先頭へ