大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

ギターワンポイントレッスン

一覧へ戻る

4 「YouTube」を見て聞けば上達できるだろうか?
2014.04.17

☞ 4「YouTube」を見て聞けば上達できるだろうか?
動画「YouTube」「見る、聞く」と「弾く」の違い
CD付きの教則本やYouTubeは、見て聞いて練習ができ、指の動きがよく判り、楽しんで練習できます。YouTubeの場合注意しなければならないのは、専門家は演奏画像はあっても、レッスンの詳細は殆どありません。殆どが音楽の勉強不足の人(アマチュアなど)の投稿で、よく見極める目と耳が必要です。

もう一つ大きな問題があります。音楽の世界は自分がどんな演奏をしているのか、判断してもらう必要があります。人の耳に届かない演奏は自己満足に過ぎないからです。

「自分が楽しめば良い、人のことは気にしない!」それもありでしょう。でももし感動されるような演奏を望むなら、専門家のアドバイスなしで成功はあり得ません。それが再び自己満足として戻ってきます。

アドバイスが受けられない時の救済措置として考えられる方法は、自分の演奏を録音、確認し練習を繰り返すことですが、これは本人の感性が要求されます。

「ブログ:ギター上達のための小道具:レッスンマスター」に録音機の話しを投稿しています。参考になさって下さい。

RIMG22900

私が購入したビクターのポータブルデジタルレコーダー。「XAーLM1」
 


ページの先頭へ