大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

ギターワンポイントレッスン

一覧へ戻る

2 楽器の準備vol.2 新しいギター購入を考える
2014.03.28

☞  2「楽器の準備」vol1ー2
新しいギター購入を考える
練習用クラシックギターの場合、有名メーカーの最低5万円程度(平成26年現在)が妥当です。2万円程度のものも販売されていますが、安価なものは上達した時殆どの人が後悔します。

アコースティックギターは元来歌の伴奏として使われることが多く、2~3万円でも許容範囲と考えられます。エレキギターもソロで演奏することが少なく、ファション性が高いので、練習用としてはアコースティックギターと同程度のものを考えて良いと思います。

普及品の中古はいずれも1万円前後で売られていますが、良く見極めないと不良品に出くわすこともしばしばあり、楽器店や教室以外で購入した楽器は、修理が必要になったとき、どこも対応してくれません。

最近ネットでの購入が増えていますが、リペア(修理)してもらえることを必ず確認しましょう。それにかかる往復の送料も経費として必要になることも覚悟しなければなりませんから、あくまで「楽器」の観念を持つ必要があります。

勿論最初から10万円~数100万円の高級品が準備できるなら最高にラッキーですし、良い楽器は早い上達につながります。

旧ワンポイントレッスン楽器に関する記述:補遺№1~7
補遺④ で 「日本のメーカーはどれも優れている」と書いていますが、それは2005年当時の話で、現在(2014)では安い量産品の殆どが日本製ではありません。
Wolf James Four Guitars 1983


ページの先頭へ