大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽教育(レッスン) カテゴリー

一覧へ戻る

ギターレッスン第7回「爪(左手)」
2013.12.29

ギターレッスン第7回「爪(左手)」
爪も初心の方が悩む問題です。まづは左手。深爪になるぐらい、しっかり切りましょう。三日もすると白い部分が出て押さえにくくなります。

とは言っても、少数派ですが、時々手のモデルのような綺麗な爪(指頭ぎりぎりか、あるいはそれ以上まで爪がある)で、深爪が出来ないという方があります。そのような方は、痛くない程度にぎりぎりまで切るより仕方ありません。

深爪をすると爪の形が悪くなると言われていますが、いい音を出したければ、マニキュアが似合うような爪は諦めましょう。短めに切っていると、やがて深爪が出来るようになり、押弦が少しは楽になります。

手入れは普通に爪切りで切り、出来れば軽くヤスリをかけると良いでしょう。右手はとても重要で、特にクラシックギターは細かい注意が必要です。爪切りでパチパチ切るなんて!とんでもありません!次回はそのお話をしましょう。
DSC_0259.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ