大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

音楽雑記 カテゴリー

一覧へ戻る

楽器が弾ける豊かな人生!アルハンブラギタークラブの場合
2014.09.07
カテゴリー:音楽雑記

泉大津北公民館のギタークラブ「アルハンブラ」は設立して28年になる。現在12~3人で活動しているが、設立当初から継続している人をはじめ、音楽歴20年以上の人が半数を占める。

ここまで続くにはそれなりの理由があるが先ずは、弾けることがうれしく楽しい。それに「継続は力」を身をもって感じているからだと思う。

子供のころに楽器経験のある人は、それがどんな楽器であっても、指が記憶しているのか入部してすぐ戦力になれるが、シニアが一から始めるとかなりの苦労があるようだ。それでも忍耐力のある人は、いずれ楽しむことが出来るようになる。

アンサンブルはハーモニーの楽しみとお互い補い合う喜びがあり、心を豊かにしてくれる。基礎は個人の努力次第だが、ある程度の基礎が出来たら、皆で練習し励まし合うのも長続きさせる秘訣かも知れない。

クラブ員全員がギターを続けてきて良かったと感じ、練習日は都合をつけて集まる。努力の成果は自分では分かりにくいが、人から「良かった!」と言ってもらえ初めて努力が報われる。そして自分一人の力でなく皆のお陰と思えるのが更に心を豊かにしてくれる。

個人プレーで人に喜んでもらえる演奏はプロでない限りむつかしい。アマチュアはこうして楽器を楽しみ、周りをも楽しませることができれば、この上ない幸せな人生が送れる。勿論喜びを手にするにはたゆまない努力がいるが・・・。

RIMG21757

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


ページの先頭へ