大阪府泉大津市と堺市にある音楽教室です。ギター・ピアノ・その他レッスンを行っています。

編曲 カテゴリー

一覧へ戻る

ヘンデル「涙の流れるままに」ギター合奏に編曲
2017.05.27
カテゴリー:編曲

泉大津北公民館「アルハンブラギタークラブ」の今年度練習曲の一つに、ヘンデルの歌劇「リナルド」より「涙のながれるままに」を選んでみた。

ヘンデルはバッハと同時代の1685年に生まれたバロック期を代表する作曲家で、バッハは主に教会音楽を作曲し、ヘンデルはオペラやオラトリオなど華やかな曲を数多く作曲した。

「涙の流れるままに」は「私を泣かせて下さい」と訳されることが多い。東海テレビ制作のテレビドラマ「牡丹と薔薇」(2004/1/5から3/ 26まで放送)では「涙のアリア」のタイトルでソプラニスタ(男性ソプラノ)岡本知高が歌い、新牡丹と薔薇ではサラ・オレインが歌った。

歌劇「リカルド」では敵の魔術師に捕らわれたアルミレーナが、敵軍の王に求愛され、恋人のリカルドを想い自分の悲運を嘆きこのアリアを歌う。「私を一人で泣かせてください 残酷な運命に溜息をつかせてください 失われた自由に」

涙の流れるままに 歌劇~リカルド~より ヘンデル作曲

※このmp3は増井容子によるオリジナル編曲です。無断転載や無断使用はご遠慮ください。



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ